東海・関東・東北で大雨に 東京は昼頃がピーク

4月18日(土)7時40分 ウェザーニュース


2020/04/18 07:55 ウェザーニュース

今日4月18日(土)は、東日本を中心に本降りの雨となります。特に東海や関東、東北では強い雨の降る時間帯があり、大雨による土砂災害や河川の増水、突風等のリスクが高まります。また西日本も急な強い雨や落雷に注意が必要です。

関東では昼前後が雨のピーク

発達した雨雲の下では、局地的に1時間に30mmを超える激しい雨が降り、総雨量は東海で最大200mm、関東や東北などで180mmに達するおそれがあります。中小河川の増水や、土砂崩れ等が発生する可能性があるため、むやみな外出は控えるようにしてください。
各地の風雨のピークは、東海地方で昼過ぎまで、関東では朝から夕方まで、東北では昼過ぎから夜にかけてとなる予想です。
なお、新型コロナウイルス感染症の流行により避難の判断が難しくなっていますが、現時点では避難が必要なほど風水害の危険が迫るところはほとんどない見通しです。雨の強い時間帯は外出をせずご自宅で過ごすようにしてください。土砂災害警戒区域では斜面から離れた上階の部屋にいる方が安全です。

沿岸部は最大瞬間風速20m/s超の暴風のおそれ

風の予想

低気圧の発達に伴い風も強まり、西日本から東北の沿岸部では、最大瞬間風速が20m/sを超えるような強い風が吹く予想です。外出の必要がある方は、丈夫な傘が必要です。

近畿など西日本も急な強い雨や落雷に注意

近畿などでは午前中に雨がやみ、天気は回復する予想です。
ただ、寒気の影響で局地的に活発な雨雲が通過する可能性があり、昼頃から午後にかけても急な強い雨や落雷、突風等の可能性があります。一旦雨がやんでも油断は禁物です。


ウェザーニュース

「東海」をもっと詳しく

「東海」のニュース

「東海」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ