相手女性は成人、違法性に新潟知事「余地ある」

4月18日(水)6時51分 読売新聞

記者会見を終えた米山新潟県知事(17日、新潟県庁で)=杉本昌大撮影

写真を拡大

 近く発売の週刊誌で自身の女性問題が報じられる見込みの新潟県の米山隆一知事(50)は、17日に県庁で開いた記者会見で「県に何が最善かを考えて結論を出す」などと述べるにとどめ、進退を明らかにしなかった。

 19日に改めて行う記者会見で表明するとみられる。

 米山知事は女性問題に関して詳細な説明は避けたが、相手は独身の成人女性といい、2人の関係について「そういうつもりではなかったが、(違法性があると)取られる余地もある」と話した。

 米山知事は東京電力柏崎刈羽原子力発電所(新潟県柏崎市、刈羽村)の再稼働に慎重な立場を示し、県独自の検証作業を主導。自身の主要政策について、「最後まできちんと作っていきたい気持ちが今もある。より良く仕事を完成できると思っている」と知事職への未練をのぞかせた。

ヨミドクター 中学受験サポート 読売新聞購読ボタン 読売新聞

「知事」をもっと詳しく

「知事」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ