女性記者のセクハラ訴えを黙殺… テレビ朝日の対応に批判殺到「握りつぶし」「報道側の社員へのセクハラ」

4月19日(木)12時33分 BIGLOBEニュース編集部

テレビ朝日

写真を拡大

テレビ朝日は19日未明に会見を開き、財務省・福田淳一事務次官からセクハラを受けていたとされる記者が、同社の女性社員であると発表した。会見では、記者が上司に相談したにも関わらず、同社は抗議や報道などを行わなかったことが明らかになり、その対応を批判する声が相次いでいる。


テレビ朝日の篠塚浩報道局長の説明によると、女性記者記者は1年半ほど前から取材目的で福田次官と数回会食。そのたびにセクハラ発言があり、身を守るために録音を始めたという。今月4日の1対1の会食でも同様の発言があったため、上司に「セクハラの事実を報じるべきではないか」と相談。しかし、本人が特定され、二次被害に繋がることを理由に上司は抗議や報道を行わなかった。そのため、女性記者は週刊新潮に連絡し取材を受けたと説明した。


テレビ朝日がセクハラ被害の訴えが黙殺していたことに、ネットでは批判の声が噴出。タレントのフィフィ氏も「自らの機関で報じたらいいのに、これを他者にリークするって一体どういう状況が考えられるだろう」とコメントし、鳩山由紀夫氏は「テレ朝が財務省から睨まれるから困ると考えたのではないか」と疑問を呈している。また、ネットでは女性記者に福田次官を担当させ続けたことへの疑問の声も多数寄せられている。


「女性記者(部下)が証拠まで揃えて被害を訴えたのにスルーしたテレ朝の上司は処分されるべき」
「セクハラが疑われる人物に対して長期間にわたって特定の女性記者を担当させていたことは極めて理不尽」
「『お前生贄になってこい』と取られても仕方のない暴挙」
「上司がダメでもそういう窓口なかったのかね」
「次官にしてみりゃ、報道各社が酒席に女を侍らせてくれるわけでしょ。これもう一種の接待でしょ。報道側の、社員へのセクハラでしょ」
「真っ先にすべきは配置転換するのが当然の処置」
「そんなに精神的苦痛を感じていた女性社員を放置し取材させ続けたテレ朝側もなかなかの悪体質なんではないのか?」
「テレビ朝日って社員を守らないんだね」
「テレ朝、女性社員を放置していたくせに必死で美化しようとしてる」
「社に対する二次被害を恐れたんじゃないだろうか」


篠塚浩報道局長は、セクハラ被害の訴えがあったにも関わらず適切な対応ができなかったことを認め、「深く反省しております」とコメント。取材活動で得た情報を第三者に渡したことには、「報道機関として不適切な行為であり遺憾」と述べた。


BIGLOBEニュース編集部 BIGLOBEニュース編集部RSS

「テレ朝」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「テレ朝」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ