首相官邸屋上にドローン落下 無人機を使ったテロへの懸念広がる

4月22日(水)12時15分 BIGLOBEニュース編集部

画像は首相官邸

写真を拡大

4月22日11時ごろ、首相官邸屋上のヘリポート付近に小型無人機(ドローン)が落下していると官邸職員が通報。警視庁が落下した状況や機体などを調べている。


報道によると、ドローンは直径約50cmで、小型カメラ、発煙筒、ペットボトルのようなものがついているという。現在はダンボールのようなもので覆われている。


航空法では低空飛行の規制がなく、首相官邸上空も高度250m未満の飛行については制限がない状況だ。ネット上では無人機を使ったテロへの懸念、ドローン規制の声が広がっている。


「テロだったら終わりだったな」

「カメラが付いてる時点でスパイ確定」

「発煙筒、ペットボトル付ってヤバイ」

「ドローンは規制すべき」

「被害の無い事案で警備体制の強化を進めるならいい事」

BIGLOBEニュース編集部 BIGLOBEニュース編集部RSS

「ドローン」をもっと詳しく

「ドローン」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ