平成ファッション史、ファストファッションが全てを飲み込んだ

4月22日(月)6時0分 ダイヤモンドオンライン

バブル全盛期は、ソフトスーツやボディコンがオフィスファッションの主流に。「ワンレン」と呼ばれた女性のヘアスタイル(写真右)は、大人の女性を象徴した

写真を拡大


バブル期や就職氷河期、そして人生100年時代といわれる現代まで、装うという「個」の表現は、どのように変化してきたのか。平成30年間のファッションを振り返った。(フリーエディター 小林由佳、画像提供/共立女子短期大学教授 渡辺明日香)


ボディコンやDCブランドは「頑張る自分」の表れ?


 ボディコンやDCブランドなど、バブル後半の平成初期は、仕事人間を象徴するファッションがもてはやされた。


「バブル崩壊までは、会社への忠誠心が高度経済成長の原動力だったのではないか」と言うのは、長年ビジネスパーソンを見てきた『doda』編集長・大浦征也氏。「転職という概念は一般的ではなく、労働集約型で、長時間働き続けることが美徳とされた時代。その後、就職氷河期といわれた2000年(平成12年)前後も、難関を越え入社できた会社に対して、ポジティブなロイヤリティがあった」。





続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)

ダイヤモンドオンライン

「ファッション」をもっと詳しく

「ファッション」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ