テレビの「元号またぎ」生番組 タモリ、爆問、池上彰...一番気合が入っている局は?

4月28日(日)21時0分 J-CASTニュース

いよいよ令和が…(2019年4月1日撮影)

写真を拡大

平成が終わり令和の始まる瞬間、地上波テレビは何を伝えるのか。テレビ局の公式サイト情報をもとに、「元号またぎ」の番組内容を確認した。

傾向としては、ニュース番組(「拡大版」等)派と特別番組派に大別される。放送時間の長さでは、短いものでは約1時間から、最長で6時間30分近い気合の入った特番を組む局もある。中には恒例番組を元に洒落のようなタイトルをつけたところも。視聴率競争を制する局はどこになるのか。



夜ニュースの「拡大版」も




2019年4月30日から5月1日に日付が変わるとともに、元号も平成から令和となる。24時(0時)をまたぐ時間帯に放送する内容について、民放の東京キー局とNHKの公式サイトの番組表(4月26日夕時点)で確認した。



通常の夜ニュースの「拡大版」で元号をまたぐのは、日本テレビとテレビ朝日。日テレは、「news zero拡大版 『改元』の瞬間生中継SP〜zeroから考える新時代」(有働由美子さん、櫻井翔さんら)で、23時から約2時間、放送される(次番組は<以下同>、0時59分から「ウチのガヤがすみません! 令和記念SP!松岡茉優が平成に残したモヤモヤ大清算」)。番組表上の番組名をクリックして「番組内容」「詳細」欄をみても、特段の記載はなかった。



テレ朝の番組表表記では、「報道ステーション 拡大スペシャル」とだけ書かれており、「令和」の文字は見当たらない(出演:富川悠太さん、徳永有美さんら)。21時54分から2時間30分弱(0時20分から「バナナマンのドライブスリー」)。



同じく通常ニュースながら、TBSでは通常通りの「NEWS 23」との表記のみで、「拡大版」「令和」の文字は見当たらない(同:星浩さん、雨宮塔子さんら)。23時から1時間30分弱(0時25分から「令和初日SP!王様の夜ブランチ 最新最速の令和おトク情報をお届け!」)。



フジテレビは「6時間超」特番




特番派では、時間の短い方からNHK(総合)、テレビ東京、フジテレビ。NHKは23時25分から1時間強、「ゆく時代くる時代〜平成最後の日スペシャル〜『ついに「時代越し」!』」(0時30分からニュース・気象情報、0時40分から「NHKスペシャル 平成史<8>」)。例年の年越し番組「ゆく年くる年」をもじった番組名で、お笑いコンビの爆笑問題や、4月末でAKB48グループを卒業するHKT48の指原莉乃さんらが、生放送で「SNSや中継で新しい時代の様子をお届け」する。



各局横並びの生放送などにくみせず、「独自の戦い」を展開することが多いことでも知られるテレビ東京だが、今回は「池上彰の改元ライブ 平成から令和...新時代を見に行く!」を投入する。22時から3時間生放送(1時から「激!今夜もドル箱」)。特命記者としてタレントの小島瑠璃子さんも出演し、新元号を迎える街で「沸騰現場」を探す。「池上解説・経済中心」で平成を振り返り、令和の新時代を見通す内容になるという。



約6時間30分の最長ナマ特番を組むのはフジテレビで、夕方18時30分から「FNN報道スペシャル 平成の大晦日 令和につなぐテレビ 知られざる皇室10の物語」を0時55分まで流す(0時55分からトークバラエティ「おかべろ」)。タモリさんを総合司会に据え、ゲストに女優の黒木瞳さんや、お笑いコンビ「メイプル超合金」のカズレーザー(本名:金子和令)さんらを迎える。



内容は「『新しい皇室のあり方』を模索されてきた天皇皇后両陛下のこれまでの歩みを独自映像と関係者から得た秘蔵エピソードで振り返る」「カウントダウンで盛り上がる話題の場所、全国各地の今を生中継で結び、喜びの表情を伝える」。さらには、「(皇后陛下)美智子さまの知られざるお気持ちが記された貴重なノート」をもとにドラマ化した「プリンセス美智子さま物語 知られざる愛と苦悩の軌跡(仮)」も放送。主演は永作博美さんで、東宮女官長・浜村時子(仮名)役を演じている。



一方で「元号をまたぐ番組」がないのは、Eテレ(NHK)。23時30分から「テレビで中国語」、23時55分から「Eテレ2355」(アニメをバックに歌が流れる等の5分番組)、0時から「旅するスペイン語」。



令和初(?)の視聴率争いの勝者に注目が集まる。

J-CASTニュース

「元号」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「元号」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ