JR東日本、通勤時間帯の減便中止 7日は通常ダイヤ

5月6日(木)14時52分 BIGLOBEニュース編集部

画像はイメージ

写真を拡大

JR東日本は、7日の通勤時間帯の列車削減を中止し、通常の平日ダイヤで運行すると発表した。


新型コロナウイルス感染症の拡大に伴う緊急事態宣言や政府などからの要請を踏まえ、JR東日本は4月30日、5月6日と7日に首都圏の一部線区で通勤時間帯の列車削減を実施する予定だったが、7日は中止する。減便中止の理由については「お客さまのご利用がゴールデンウイーク前の状況に戻っている」と説明。「引き続き、時差出勤、テレワーク等へのご理解・ご協力を」と呼び掛けている。


JR東日本では、山手線、京浜東北・根岸線、中央線快速、中央・総武線各駅停車、青梅線、常磐線快速、京葉線の朝通勤時間帯において通常本数の8割程度の運転。山手線、京浜東北・根岸線、中央・総武線各駅停車では、夕通勤時間帯においても列車を削減して運行していた。

BIGLOBEニュース編集部 BIGLOBEニュース編集部RSS

「JR東日本」をもっと詳しく

「JR東日本」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ