モデルナ製ワクチン1万3305回分、小田原市が廃棄へ…使用期限迎え「やむを得ない」

5月13日(金)19時1分 読売新聞

米モデルナ製ワクチン

写真を拡大

 神奈川県小田原市は13日、米モデルナ製の新型コロナウイルスワクチンについて、15日と23日に使用期限を迎える計1万3305回分を廃棄する見通しだと発表した。市内の3回目接種率が12日時点で54・71%にとどまり、ファイザー製を希望する市民が多いことも要因。市の担当者は「国から届いた時点で期限が3か月後に迫っていたものもあり、廃棄はやむを得ない状況」としている。

ヨミドクター 中学受験サポート 読売新聞購読ボタン 読売新聞

「廃棄」をもっと詳しく

BIGLOBE旅行 都道府県民限定プランのご紹介♪

神奈川県民限定・県民割でお得に宿泊できる!人気のおすすめ旅館・ホテルはこちら 神奈川県民限定・県民割でお得に宿泊できる!人気のおすすめ旅館・ホテル

「廃棄」のニュース

「廃棄」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ