元暴力団員によるドラゴンズ応援団長“強要”現場に中日新聞記者が同席

5月16日(水)16時0分 文春オンライン

〈ドラ私設応援団長への強要疑い〉


 こんな見出しの記事が中日新聞に掲載されたのは4月4日のこと。事件は今年1月、名古屋市内の喫茶店で起きた。


「2人の男が、中日ドラゴンズの応援団長と事務局長に対し、ナゴヤドームに不正入場したと因縁をつけ、『(応援団長を)辞めた方がええ』などと約6時間に渡り脅した。2人は元暴力団員で、そのうちの1人Xは過去に、鉄パイプなどを使った傷害事件で逮捕歴もある。彼は球団公認ではない応援サークルに所属しており、応援団長らを辞めさせ、自らが応援団に影響力を持とうとする狙いがあったようです」(社会部記者)



 だが、「中日新聞では報じられていないことがある」と明かすのは、愛知県警の関係者だ。


「実は強要の現場に、中日新聞のA記者が同席していたのです。Aは社会部で暴力団関係の取材を担当し、Xらとは以前からの知り合いだった。2人の逮捕後、Aも警察や検察の事情聴取を受けています」(同前)


 A記者を電話で直撃すると「私からは答えられないので、会社を通してもらえますか」と繰り返すばかり。後日、中日新聞編集局次長の寺本政司氏が次のように回答した。


「(逮捕された)被告から記者に突然電話があり、現場(喫茶店)に行ったのは、事実ですが、同席はしていません。あいさつだけして離れた別のテーブルに座っていました。(中略)会話が聞こえず、強要の現場であったことを逮捕後に知りました。(中略)記者が犯罪に加担したり、強要した事実はありません」



中日新聞本社 ©文藝春秋


——会社が現場にA記者がいたことを知ったのはいつか?


「逮捕を報じた記事掲載日の4月4日です。本人から申告がありました」


 中日新聞は4月24日にも、両容疑者の起訴を伝える記事を掲載しているが、“元暴力団員”とは記されておらず、A記者が現場にいたことも書かれていない。


 詳細は5月17日(木)発売の「週刊文春」で報じている。



(「週刊文春」編集部)

文春オンライン

「中日」をもっと詳しく

「中日」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ