麻生氏発言を韓国メディアが深読み 北朝鮮機「揶揄」の本音は...

5月17日(木)13時34分 J-CASTニュース

北朝鮮の政府専用機は無事にシンガポールまで飛べるのか(写真は朝鮮中央テレビから)

写真を拡大

「麻生節」が、シンガポールで予定されている米朝首脳会談にまで及んだ。麻生太郎・財務相兼副総理は2018年5月16日に東京都内で開かれた自民党議員のパーティーで、北朝鮮の政府専用機を念頭に「途中で落っこちちゃったら話にならん」などと発言した。

専用機は旧ソ連製で老朽化が指摘されており、平壌からシンガポールまで余裕を持って飛行できるかを危ぶむ声が出ていた。ただ、発言から「米朝首脳会談開催について不快な内心を表した」と分析する韓国メディアもあり、思わぬ方向に波紋を広げている。



専用機は1980年代購入の旧ソ連製




麻生氏はあいさつの中で、米朝首脳会談について


「あの見てくれの悪い飛行機が無事シンガポールまで飛んで行ってくれることを期待するが、途中で落っこちちゃったら話にならん」

などと述べた。「あの見てくれの悪い飛行機」は、金正恩・朝鮮労働党委員長がシンガポール行きに利用するとみられる政府専用機を指しているようだ。専用機は旧ソ連製のイリューシン62M型機で、1980年代に購入されたと考えられている。韓国メディアからは、老朽化や航続距離の問題から、途中で給油したり、チャーター機を借りたりしなければならなくなる可能性も指摘されている。



麻生氏の発言は、韓国メディアも相次いで報じた。聨合ニュースは、麻生氏について「妄言製造機」の見出しをつけ、セクハラ問題をはじめとする最近の失言にも言及。今回の発言については


「金正恩委員長が搭乗する専用機の墜落に言及し、米朝首脳会談開催について不快な内心を表した」

と指摘した。その上で、共同通信の


「北朝鮮の核・ミサイル問題について『米朝会談が行われるところまできた』と進展を評価する中での発言だが、軽率との批判を招きそうだ」

という分析を伝えた。



中央日報は「冗談半分、中傷半分」



ただ、安倍晋三首相は5月11日、会談の日程と場所が決まったことを「歓迎したい」として、


「この米朝会談が成功し、北朝鮮に関わる諸問題が解決するよう、日本としても全力を尽くしていく決意」

だと述べている。仮に安倍氏と麻生氏の足並みがそろっているとすれば、この聯合ニュースの指摘は当たらないことになる。



中央日報は、発言を「冗談半分、中傷半分」の見出しをつけて報じ、


「国会でのやじに関し、首相官邸から注意を受けたばかりだが、『麻生節』が止まらなかった」

という時事通信の報道を紹介した。



麻生氏の発言は中国でも報じられた。環球時報は、


「麻生氏の発言には、日本のネットユーザーも無力なようだ」

として、ヤフーニュースのコメント欄に寄せられた


「失言を期待させてしまうキャラ」

「もう、引退するまで喋んなよ」

といった声を紹介した。

J-CASTニュース

「韓国」をもっと詳しく

「韓国」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ