函館高専の専攻科生 ボウリング競技用車いすを開発中 車輪の大きさなど工夫

5月18日(金)17時0分 どうしん電子版(北海道新聞)

開発した車いすを使い、ボールの投げやすさやブレーキの必要性などを確認する専攻科生

写真を拡大

【函館】函館高専の専攻科の学生が、授業の一環としてボウリング用車いすの開発を進めている。将来、ボウリングがパラリンピックの競技になることも想定した取り組みだ。本年度中に協力してくれる企業を探し、商品化...

どうしん電子版(北海道新聞)

「函館」をもっと詳しく

「函館」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ