東北中心に大雨=前線、低気圧影響—気象庁

5月18日(金)19時57分 時事通信

 前線や低気圧の影響で日本列島は18日、東北を中心に所により大雨が降った。前線は今後、東北から西日本を南下し、東北と北陸では19日明け方にかけて大雨の見込み。気象庁は土砂災害や河川の増水などに警戒を呼び掛けた。
 秋田県北秋田市では18日午後1時20分ごろまでの1時間雨量が48.5ミリ、午後7時までの24時間雨量が185.0ミリと、いずれも5月としての記録を更新した。
 19日午後6時までの24時間雨量は多い所で、北陸で120ミリ、東北で100ミリと予想される。 

[時事通信社]

時事通信

「東北」をもっと詳しく

「東北」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ