<民泊切断遺体>監禁容疑は不起訴 神戸地検

5月18日(金)20時36分 毎日新聞


 兵庫県三田市の女性会社員(27)の切断遺体が大阪市の民泊などで見つかった事件で、神戸地検は18日、傷害致死や死体遺棄などの罪で起訴した米国籍の大学生、バイラクタル・エフゲニー・バシリエビチ被告(27)の監禁容疑について不起訴(容疑不十分)とした。地検は「容疑者と被害者の行動状況から起訴に至らないと判断した」としている。【黒川優】

毎日新聞

「民泊」をもっと詳しく

「民泊」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ