<将棋>藤井六段、最年少七段懸けた対局始まる 竜王戦5組

5月18日(金)10時43分 毎日新聞

七段昇段を懸け、船江恒平六段と対局する藤井聡太六段=大阪市福島区の関西将棋会館で2018年5月18日午前10時、小松雄介撮影

写真を拡大


 将棋の藤井聡太六段(15)と船江恒平六段(31)の第31期竜王戦5組ランキング戦準決勝が18日午前、大阪市福島区の関西将棋会館で始まった。藤井六段は勝てば4組昇級が決まり、「連続昇級で昇段」の規定により、プロ入り後最速の1年7カ月、最年少の15歳9カ月で七段に昇段する。


 デビュー戦からの29連勝など、次々記録を塗り替える藤井六段。午前9時ごろ、普段の対局と変わらない表情で関西将棋会館に到着した。対局室には藤井、船江の順に入り、プロ入りが先輩の船江が上座を占めた。


 振り駒で船江の先手番に。22社約50人の報道陣が取り囲み、カメラのシャッター音が鳴り響く中、定刻の午前10時、船江が7六歩と角道を開けて対局が始まった。藤井はお茶を一口すすり、8四歩と飛車先の歩を突いた。両者とも着手は早く、序盤で角を交換する角換わりと呼ばれる戦型に進んだ。


 同棋戦は持ち時間各5時間で、夕食休憩もある長時間の棋戦。藤井六段は持ち時間5時間以上の対局は27勝1敗と抜群の成績を誇る。通算成績は75勝12敗。


 これまでの七段昇段記録(最速・最年少)は加藤一二三九段(78)の期間2年8カ月・年齢17歳3カ月。【新土居仁昌】

毎日新聞

「将棋」をもっと詳しく

「将棋」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ