<和歌山公園動物園>マーラの赤ちゃん一般公開 18日から

5月18日(金)9時1分 毎日新聞

公開されるコマ(奥)とマカロニ=和歌山市提供

写真を拡大


 和歌山市にある和歌山公園動物園で4月に誕生したマーラの赤ちゃん2匹が18日から飼育小屋で一般公開される。


 マーラはモルモットの仲間で、赤ちゃんは4月16日にそろって生まれた。現在、体長はともに約30センチで、成長すると80センチ近くになる。性別は不明だが、「コマ」と「マカロニ」と命名された。


 これまでは母の「マカロン」(1歳)とともに一般の来園者が見学できない場所で育てられてきたが、人間に対する警戒心が薄れてきたため一般公開を決めたという。現在、同園にはこの親子を含めて8匹のマーラが飼育されている。


 市和歌山城整備企画課の担当者は「マーラの成長は早い。小さくてかわいらしい赤ちゃんの時期にぜひ見にきてほしい」と呼びかけている。【木原真希】

毎日新聞

「動物」をもっと詳しく

「動物」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ