<名人戦>羽生2勝1敗で第4局 19日から福岡で

5月18日(金)20時28分 毎日新聞

前夜祭で花束を贈られた佐藤天彦名人(右から2人目)と挑戦者の羽生善治竜王(同3人目)=福岡市中央区のアゴーラ福岡山の上ホテル&スパで2018年5月18日午後7時9分、田鍋公也撮影

写真を拡大


 佐藤天彦(あまひこ)名人(30)に羽生善治竜王(47)が挑戦する第76期名人戦第4局(毎日新聞社、朝日新聞社主催、大和証券グループ協賛、九州電力、QTnet協力)が19、20の両日、福岡市のアゴーラ福岡山の上ホテル&スパで指される。羽生が第1局に続いて第3局を制してここまで2勝1敗。佐藤が地元・福岡で再びタイに戻すか、タイトル獲得100期と名人通算10期を目指す羽生が一気に王手をかけるか、中盤の山場の対局を迎える。


 福岡での対局は、同じホテルで行われた第73期名人戦第5局以来3年ぶり。18日に開かれた前夜祭で、佐藤は「古里で名人戦を指せることは信じられない。いい将棋を届けられるよう頑張りたい」、羽生は「自然体で自分の力を出し切って悔いの残らない対局にしたい」と述べた。


 対局は19日午前9時開始。午後6時半に指しかけとなり、20日に指し継がれる。持ち時間は各9時間。立会は深浦康市九段、解説は横山泰明六段、記録は西田拓也四段が務める。【丸山進】

毎日新聞

「名人戦」をもっと詳しく

「名人戦」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ