「物音にイライラ、誰でもいいから」と男性刺す

5月18日(金)14時12分 読売新聞

 名古屋市中区錦のネットカフェで17日夜、男性が刃物で刺されて死亡した事件で、殺人未遂容疑で愛知県警中署に現行犯逮捕された住所不詳、無職稲田府見洋ふみひろ容疑者(22)が、「ささいな物音にイライラして刺した」と供述していることが、捜査関係者への取材でわかった。

 稲田容疑者は店内の個室にいた男性に果物ナイフで突然襲いかかった上、逃げる男性を追いかけて何度も刺したといい、県警は当時の状況を調べている。

 発表によると、死亡したのは同県尾張旭市井田町、会社員大竹智之さん(35)。死因は頭や首、胸などを何度も刺されたことによる失血死だった。この日は客として来店していたという。

 稲田容疑者はこの日1人で来店して個室を利用。午後8時20分頃、二つ隣の個室にいた大竹さんを襲い、通報を受けて駆けつけた署員にも激しく抵抗したという。ナイフは1週間前に現場近くで拾ったといい、調べに対し、「むかつくことがあったら、誰でもいいから刺そうと思って、ナイフを持っていた」と話しているという。

ヨミドクター 中学受験サポート 読売新聞購読ボタン 読売新聞

「イライラ」をもっと詳しく

「イライラ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ