愛知県警が痴漢撲滅ポスターに2次元イケメンキャラを起用 ネットで賛否

5月20日(金)15時58分 BIGLOBEニュース編集部

平成28年度痴漢撲滅キャンペーンポスター/愛知県警ホームページより

写真を拡大

愛知県警が平成28年度の痴漢撲滅キャンペーンポスターに2次元のイケメンキャラクターを起用し、ネットで話題になっている。


この痴漢撲滅キャンペーンポスターには、乙女ゲームに登場するような甘いマスクのイケメンが3人登場。「愚かだ…他人に迷惑をかけ 人生を棒に振るのか」、「信じられない…同じオトコとして情けないよ」、「親の顔が見てみたい…品性下劣なその行為は、痴漢」と蔑むような目で語りかけ、痴漢を否定するものとなっている。


男性に対する痴漢抑止が目的にも関わらず、女性が好むキャラクターを起用していることに、ネットは賛否両論。「痴漢をする層には効果薄いのでは…」、「劣等感煽って逆上させたいのか?」、「乙女ゲームと勘違いしそう」といった戸惑いやPR効果への疑問の声があがっている。一方、「今から痴漢しようとしてる人がこれを見たら萎えそう」という肯定的なコメントや、「この男達がモブおじさんに痴漢される同人誌が描かれる所まで読めた」と、男性への痴漢を連想するコメントも寄せられている。


どれほど痴漢撲滅に寄与するかはわからないが、痴漢に対する注目を集めていることは間違いなさそうだ。


BIGLOBEニュース編集部 BIGLOBEニュース編集部RSS

この記事が気に入ったらいいね!しよう

愛知をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ