朝日「素粒子」、アソウタロウ作文で麻生氏批判→「アサヒシンブン作文」がネットにあふれる

5月21日(月)12時41分 J-CASTニュース

財務省(2015年5月撮影)

写真を拡大

2018年5月19日の朝日新聞の夕刊コラム「素粒子」に、麻生太郎財務相を批判するようなあいうえお作文が掲載された。

これにネット上では「ただの悪口」など、批判の声が多く上がっている。一部には、「朝日新聞」であいうえお作文を紡ぎあげた人も見られた。




「ア あっけらかんとした顔で ソ 反っくり返るように座り......」



19日の「素粒子」では、


「ア あっけらかんとした顔で

ソ 反っくり返るように座り

ウ うるせぇなと言いたげに

タ 高飛車な態度を延々続け

ロ ろくでもないこと次々に

ウ うんざりするわ、本当に」

という、麻生財務相にかけたあいうえお作文を掲載。原文では、さらに「ザイムダイジン」と続く。


麻生財務相は、財務省による「加計学園」の獣医学部新設に関する文書改ざん、福田淳一財務省前事務次官のセクハラ問題に関して「セクハラ罪っていう罪はない」と言及するなどの対応をめぐり、野党から批判が集まっていた。


今回の作文の中にある「ダ 誰も首に鈴をつけぬから」という言葉は、国民民主党の玉木雄一郎共同代表が「時事放談」(TBS系)で述べた


「もう麻生さんに誰も鈴をつけられないし、誰も言えないような状態になっていること自体が、私は安倍政権のガバナンスとしてどうなのかなと」

との発言を意識したものとみられる。



「ア あっけらかんとして サ さして有益でもない記事を書き......」


これにネット上では、一部「朝日の素粒子、上手い!」「朝日新聞の素粒子ポエムすごい」と一定の評価を下す人もいたが、「ただの悪口!?」などと、呆れるような声も多い。


また、


「ア あっけらかんとして

サ さして有益でもない記事を書き

ヒ 批判や批難はしても

シ 真実は報道しない

ン ん? 何故居直るのか

ブ 部数は減りこそすれ増えず

ン ん? 何故会社を畳まないのか」

と、「朝日新聞」であいうえお作文を作る人も続出。ツイッターには複数の作品が投稿されている。


なお、「素粒子」の筆者は、18年4月2日から政治部などを経て、日本自治学会の理事などを務める坪井ゆづる、「報道ステーション」(テレビ朝日系)のコメンテーターを務めた恵村順一郎両論説委員が担当している。

J-CASTニュース

「朝日新聞」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「朝日新聞」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ