ごはんはお茶碗に「よそう」「つける」? ネットで議論勃発

5月23日(木)15時40分 AbemaTIMES

 ごはんはお茶碗に「よそう」のか「つける」のか。いまSNSで議論が巻き起こっている。

 きっかけは、CBCラジオ(名古屋市)が配信した記事の「ごはん“つける”?」「“つける”って何?ごはんは“よそう”もの」という夫婦の会話から。どちらが正しいのかTwitterでも議論が勃発し、「よそうでしょ」「よそう以外あるの?」「つけるだよ!」という主張のほか、中には「盛るだった」「よそる派です」「つぐかな」「ついでって言ってた」という意見もあがっている。

 これは地域によって傾向があるようで、北海道・東北は「盛る」、関東は「よそう」、東海は「つける」、関西は「よそう」、中国・四国・九州は「つぐ」などとのこと。祖母が岐阜県出身だというテレビ朝日の大木優紀アナウンサーも「普通に“つける”だと思っていたので、それを驚かれたことにびっくりした」という。

 なお、国語辞典では、「よそ・う」は食べ物をうつわに盛る(【装う】整えて用意するという上品な印象)、「よそ・る」は“よそう”と“盛る”が交じってできた言葉だとしている。
AbemaTV/『けやきヒルズ』より)
 

“一人ご飯最強”を訴えるイラストが話題

AbemaTIMES

「方言」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「方言」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ