千葉・松戸でタクシー出前サービス 宅配料は市が全額負担 飲食店「助かります」

5月23日(土)10時27分 毎日新聞

出前の弁当をタクシーに積み込む飲食店主=松戸市本町で2020年5月22日、奥村隆撮影

写真を拡大


 千葉県松戸市で22日、飲食店に電話注文するとタクシーで無料配達される制度が期間限定で始まった。1件1000円の宅配料は市が全額負担するため、利用客と飲食店は手数料・配送料は不要となる。タクシーを使った公営の無料出前サービスは県内で初めて。


 外出自粛を求められている市民と売り上げが落ち込んでいる飲食店、乗客が減っているタクシー事業者をそれぞれ支援しようと、市が1694万円の予算で事業化した。現在は市内の飲食店18店舗が参加。「まつタク出前便」でウェブ検索すると、店舗一覧が表示される。地元のタクシー会社9社が国土交通省から有償貨物運送の許可を得ており、6月30日まで続ける。


 利用条件は、自宅から3キロ以内にある店で1000円以上の料理を購入すること。2時間前までに店に電話で注文すると、タクシー運転手が店から預かった商品を運び、代金は現金で受け取る。客1人あたりの利用回数に上限はない。


 初日に注文を受けたイタリア料理店「ぱすとーる」の土屋正明代表(46)は「4月の売り上げは8割減で、飲食業を26年やってきて初めての厳しさ。やりたくてもできなかったデリバリーが可能になり、本当に助かります」と笑顔を見せた。


 新型コロナウイルスの影響で乗客が半分程度に減ったという「京成タクシー松戸西」の斎藤拓社長は「多くの方に出前便を利用していただき、飲食店も私たちも元気を出していきたい」と話していた。【奥村隆】

毎日新聞

「タクシー」をもっと詳しく

「タクシー」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ