走行中の山陽新幹線で放火未遂 80歳男、雑誌に火をつける

5月26日(金)13時47分 J-CASTニュース

岡山駅で警察に取り囲まれる、逮捕された男と見られる人物(「ゆ」さん提供)

写真を拡大

2017年5月26日11時10分ごろ、山陽新幹線の下り線を走行中の「みずほ615号」の車内で、男性乗客による「放火未遂」騒ぎがあった。

岡山県警によると、80歳の男がライターで紙に火を点け、座席に置いた。火はすぐに消され、けが人などはなかったという。駆け付けた警察官が、男を逮捕した。




「殺されると思った」などと発言



列車は岡山駅にそのまま停車。駅に居合わせ、男の様子を目撃したという利用客がツイッターで投稿したところによれば、男は「殺されると思った」「昨日も追いかけられた」などと、意味がわからないことを警察に対して話していたという。


12時50分時点で、博多方面の電車の一部に10分程度の遅れが出ているという。


新幹線では2015年6月30日、新横浜〜小田原間を走行中の東海道新幹線「のぞみ225号」で、乗客の男が焼身自殺を図り、男と乗り合わせた女性の2人が亡くなる事件が起こっている。

J-CASTニュース

「放火」をもっと詳しく

「放火」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ