東京など全国288地点で5月の最高気温を観測 27日(月)も暑さに注意を

5月26日(日)17時30分 ウェザーニュース


2019/05/26 17:31 ウェザーニュース

26日(日)は北海道の上空1500m付近に21℃以上の暖かい空気が流れ込んだことと、地形と風の影響によるフェーン現象も加わったことで、北海道を中心に記録的な高温となり、道内36地点で観測史上最も高い気温となりました。


【26日の最高気温TOP10】
1.佐呂間(北海道) 39.5 ℃
2.足寄(北海道) 38.8 ℃
2.帯広(北海道) 38.8 ℃ 
2.池田(北海道) 38.8 ℃
5.湧別(北海道) 38.5 ℃
6.糠内(北海道) 38.4 ℃
7.北見(北海道) 38.1 ℃
7.芽室(北海道) 38.1 ℃
9.津別(北海道) 38.0 ℃
9.更別(北海道) 38.0 ℃
        (17時現在)
また、暑さはほぼ全国に及んでいて、気象庁のアメダス926地点のうち288地点で5月の最高気温を記録しました。また、35℃以上の猛暑日は53地点に上り、5月としては最多の地点数でした。

東京でも5月の最高気温を更新

東京では最高気温が32.6℃と1876年の統計開始以来、5月の1位を更新したほか、3日連続の真夏日も5月初となるなど、まさに記録づくめの一日でした。

27日(月)も暑さに注意

27日(月)は上空の暖気はやや弱まるものの、北日本や東日本の上空には残る予想です。
このため最高気温は30℃以上の多く、まだ暑さが続きます。屋外での作業や運動など汗を多くかく場合などは、十分な熱中症対策が必要です。


ウェザーニュース

「気温」をもっと詳しく

「気温」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ