東京に環水平アーク

6月1日(水)14時38分 tenki.jp

1日の午後、東京都内で太陽の光が屈折して虹色に輝く「環水平アーク」が見られました。

写真は東京町田市(1日午後1時過ぎ)

写真は東京町田市(1日午後1時過ぎ)

環水平アークとは?

環水平アークとは、氷の粒で出来た薄い雲に、太陽の光が屈折して虹色に輝く現象です。
太陽の位置が高くなる夏のお昼頃に出現しますが、年に何度も見られません。

今日の東京は南の海上にある前線の北側の薄い雲がかかりやすく、このような「環水平アーク」や太陽の周りに輪が出来る「日暈(ひがさ)」が見られやすい空となっています。

関連記事(外部サイト)

tenki.jp

「環水平アーク」をもっと詳しく

「環水平アーク」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ