「モンスター新郎新婦」事例集、過剰な会社自慢、未婚女子をブーケトスに指名…

6月7日(金)6時0分 ダイヤモンドオンライン

結婚披露宴の目的を忘れているようなひどい新郎新婦もいる…(写真はイメージです) Photo:PIXTA

写真を拡大


結婚披露宴の主役、新郎新婦。ゲストに楽しんでほしいと願う新郎新婦が大半だが、中にはゲストを困惑させる新郎新婦も存在する。今回、20〜40代男女が、「あり得ない」「もうあまり関わりたくない」と感じているモンスター新郎新婦の事例を集めた。(取材・文/フリーライター 池田園子)


結婚披露宴の目的を

忘れていないか?


「一生に一度の晴れ舞台」なんていわれ方もする結婚披露宴。離婚が珍しくない昨今、そんな考え方は古いのかもしれないが、それでも当人たちにとって、大事な場であることは間違いない。



 ゲストなしには成り立たないのが披露宴だ。ご祝儀を払ってくれて、わざわざ時間を割いて披露宴に足を運んでくれるゲストへのおもてなしの気持ち、感謝の念を忘れてはならないだろう。


 親しくしている人たち、お世話になっている人たちに結婚を報告し、祝ってもらうのが披露宴の趣旨ではあるが、そこから逸脱したり、本来の意味を履き違えたりした披露宴が開催されることもある。



 筆者は、これまでダイヤモンド・オンラインで、「モンスター◯◯」を度々取り上げ、実録として紹介してきた。



 今回は、「モンスター新郎新婦」の事例を20〜40代男女に聞いて集めてみた。皆さんはこんな新郎新婦に遭遇したことはないだろうか。





続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)

ダイヤモンドオンライン

「結婚式」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「結婚式」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ