高倉健の養女が生前の住居を解体工事、江利チエミとの水子を祀った墓地も更地に! 深まる"殉愛"疑惑

6月10日(金)11時41分 LITERA

>高倉健『旅の途中で』(新潮社)

写真を拡大

 高倉健の養女を巡る"殉愛疑惑"がますますアヤしくなってきた。今年5月23日、高倉健が終生暮らした東京世田谷にある敷地260坪の豪邸の解体工事が開始されたのだ。


 それだけでない。同時に1972年、生前に高倉が購入し、しばしば線香をあげに通った鎌倉霊園の墓石と、そこに置かれた水子地蔵が撤去され更地になっているという。その水子地蔵は63年、高倉が元妻の故・江利チエミとの間に授かったものの、江利が妊娠高血圧症候群のために中絶を余儀なくされた胎児を祀った地蔵だ。


 高倉が愛した"聖地"が相次いで消滅してしまう。もちろんこの解体工事や墓地を更地にしたのは問題の養女Aさんだ。


 高倉が多くの人々に惜しまれつつ逝去したのは2014年11月10日のことだが、その直後、世間の注目を集めたのが養女Aさんの存在だった。高倉の死の1年半ほど前に極秘に入籍していたAさんの存在は、近親者や近しい関係者にさえほとんど知らされていなかったことに加え、高倉の死後にはいくつもの不可解な行動に出たことで関係者にも不信感を抱かせるようになったのだ。


 はじまりは、死後しばらく、九州に住む妹と甥や姪に当たる親族にその死を伝えず、密葬に参加させなかったことだ。


 Aさんが選んだ5人の密葬出席者は、高倉と絶縁したはずの岡田裕介・東映会長が含まれていたり、逆に弟分だった小林稔侍が呼ばれていないなど、関係者からすると、首をひねりたくなるようなものだった。


 さらに密葬の席でAさんは出席者たちに「お骨も持ち帰りいだきたい」と提案、また前述の鎌倉霊園に高倉の遺骨が納骨されることなく、Aさんが散骨を主張していることや霊園の管理費滞納も判明している。


 こうした状況にAさんの存在は「やしきたかじんの『殉愛』騒動と同じではないか」との疑惑の声が次第に強くなっていったのも当然のことだった。


 さらに高倉の死後1年半が経った今年5月には遂に高倉の実妹が「週刊新潮」(新潮社)5月19日号のインタビューに応じ、Aさんが主張する"全て生前の高倉の遺志"に対して反証し、不信感さえ露わにした。


 次々と判明する"殉愛疑惑"。そして開始された高倉邸解体と愛した墓地の撤去。高倉邸解体を報じた「週刊新潮」6月2日号によれば、それは首を傾げるようなものだという。


「健さんはこの家に大変な思い入れがありました。江利チエミとかつて暮らした場所だったからです」(小田家の事情をよく知る関係者のコメント、「週刊新潮」より)


 この場所は江利と結婚し新居を構えた土地であり、70年には家屋が火事で全焼したが、建て直した上で江利と離婚後も住み続けた場所だ。それだけではなく、邸宅からほど近い場所に江利が祀られた寺があり、そこには江利を模した女性像が「あたかも江利と健さんが見つめ合うかのように」高倉邸を向いて立っているのだという。


「養女は、そういった2人の関係を快く思っていなかったのかもしれません。だから、更地にして人手に渡す可能性もあるでしょう」(別の関係者のコメント、「週刊新潮」より)


 Aさんにとっても高倉と共に過ごした思い出の場所であるはずなのだが、しかし3周忌を待たずしての解体。墓地の更地にしても同様だ。


「墓地を購入した健さんは、江利との間の水子を祀る地蔵を置いた。こだわって選んだ八光石でできた像は高さ1メートル。その奥には小さな墓石を建て、本名と役者名を組み合わせた『小田健史』の名ならびに『小田家先祖各霊菩堤』と刻んでいた」(「週刊新潮」6月16日号より)


 しかもAさんが死後も高倉を"囲い込み"、遺骨も納骨されていないため、この墓地は生前高倉の親しい関係者たちが唯一高倉を偲ぶ場所でもあった。それが更地にされ、既に売却されている可能性さえあるという。


 次々と湧き上がるAさんの"疑惑の行動"を高倉は草葉の陰からどんな思いでみているのだろうか。
(林グンマ)


LITERA

「解体」をもっと詳しく

「解体」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ