【台風第5号に関する情報】平成30年6月11日16時35分 気象庁予報部発表

6月11日(月)16時35分 株式会社サニースポット

進路予報図

写真を拡大

平成30年 台風第5号に関する情報 第50号
平成30年6月11日16時35分 気象庁予報部発表

大型の台風第5号は伊豆諸島から次第に遠ざかりますが、伊豆諸島と小笠原諸島では11日夜遅くにかけて高波に警戒してください。東北太平洋側では12日明け方にかけて土砂災害に警戒してください。

[台風の現況と予想]
 大型の台風第5号は、11日15時には八丈島の東南東約140キロにあって、1時間におよそ45キロの速さで北東へ進んでいます。中心の気圧は980ヘクトパスカル、最大風速は25メートル、最大瞬間風速は35メートルで、中心の南東側750キロ以内と北西側370キロ以内では
風速15メートル以上の強い風が吹いています。 
 台風は今後勢力をやや弱めながら伊豆諸島から次第に遠ざかり、12日明け方までに温帯低気圧に変わって日本の東を北東に進む見込みです。北日本には12日にかけて暖かく湿った空気が流れ込むでしょう。

[防災事項]
<高波>
 伊豆諸島や小笠原諸島では11日夜遅くにかけて、海はうねりを伴い大しけとなる見込みです。東日本太平洋側では12日にかけて、北日本太平洋側では13日にかけてうねりを伴いしける所があるでしょう。
 12日にかけて予想される波の高さは、
  伊豆諸島、小笠原諸島 6メートル
  北海道地方      5メートル        
です。
 伊豆諸島と小笠原諸島では高波に警戒してください。

<大雨>
 北日本では12日にかけて激しい雨が降り、大雨となる所がある見込みです。
 12日18時までの24時間に予想される雨量は、多い所で、
   北海道地方         120ミリ
   東北地方          100ミリ
の見込みです。
 東北太平洋側では12日明け方まで土砂災害に警戒し、北日本では12日にかけて土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水に注意してください。

[補足事項等]
 「平成30年 台風第5号に関する情報(総合情報)」は本号限りとしますが、今後の台風情報や地元気象台が発表する警報、注意報、気象情報に留意してください。

株式会社サニースポット

「台風」をもっと詳しく

「台風」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ