<岡山西署>警察嘱託犬 家出少女を出動15分で発見

6月13日(水)8時56分 毎日新聞

女子中学生を発見し、表彰される黒まめと飼い主の後神知子さん(前列左)=岡山市北区で2018年6月12日、戸田紗友莉撮影

写真を拡大


 行方不明になった女子中学生を発見したとして、岡山県警岡山西署は12日、警察嘱託犬の「黒まめ」(ラブラドルレトリバー・メス8歳11カ月)と飼い主の農業、後神(ごかん)知子さん(55)=岡山市北区=に感謝状とメダルを贈った。出動からわずか15分で少女を見つけるスピード解決だったという。


 岡山西署によると、行方不明になったのは岡山市に住む女子中学生。父親に生活態度を叱責され、5月25日午後9時ごろに家出した。しばらくたっても帰宅しなかったため、警察に相談があった。同署は後神さんに連絡し、黒まめの出動を要請した。


 黒まめは午後10時35分ごろから捜索を開始。女子中学生が普段使っていた枕カバーのにおいを嗅ぎ、行方を追った。夜道を迷わず真っすぐに進み、約15分後、自宅から約230メートル離れた神社敷地内でうずくまって寝ていた女子中学生を発見した。女子中学生にけがはなく、無事だったという。後神さんは「風も穏やかで、交通量も少ない状況が功を奏したのかも」と振り返る。


 黒まめは2011年の審査会で合格し、以後警察嘱託犬として活躍している。これまでの出動は170回に上り、行方不明者の発見は今回で3回目。過去にも6回の表彰を受けている。名前の由来は、生まれた時に小さく産まれてきたため。遊ぶことや人と触れ合うことが大好きだが、においをたどる「追及」の仕事はとてもまじめにこなすという。【戸田紗友莉】

毎日新聞

「警察犬」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「警察犬」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ