公衆トイレで盗撮容疑、37歳会社員逮捕 壁くり抜きカメラ…数百人分の動画押収

6月13日(水)18時0分 産経新聞

埼玉県警が家宅捜査で押収した小型カメラなど(県警提供)

写真を拡大

 公園の女子トイレに設置した小型カメラで女子中学生を盗撮したとして、埼玉県警少年捜査課は13日、児童買春・ポルノ禁止法違反の疑いで、同県羽生市下岩瀬の会社員、川田哲也容疑者(37)を逮捕した。「中学生や高校生を狙って7年ほど前から続けていた」と供述している。

 逮捕容疑は5月6日、同県本庄市内にある公園の女子トイレで、18歳未満と知りながら県内に住む女子中学生を小型カメラで撮影し、児童ポルノを製造したとしている。

 昨年5月、羽生市の公園の女子トイレで利用者が小型カメラを発見し、販売経路などから川田容疑者が浮上した。小型カメラはくり抜いたトイレの壁に組み込むなど細工をしていた。県警は川田容疑者宅から小型カメラ11台に加え、SDカード121枚、わいせつなDVD423枚などを押収した。被害者は延べ数百人に上るとみて関連を調べている。

産経新聞

「盗撮容疑」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「盗撮容疑」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ