週間天気 九州や本州 梅雨空はお休み

6月13日(火)11時48分 tenki.jp

九州から東海は梅雨入りしたのも束の間で、この先も晴れる日が多いでしょう。関東はあすにかけて梅雨空ですが、その後は日差しが戻ってきそうです。一方、沖縄や奄美は梅雨末期の大雨に注意が必要です。

週間天気

週間天気

あすの天気

あす(14日・水曜日)は、梅雨前線が南西諸島に停滞し、活動が活発でしょう。本州付近は高気圧に覆われますが、低気圧が関東の沿岸を北上していく見込みです。関東から北の太平洋側は湿った空気の影響を受けやすく、大気の状態が不安定になるでしょう。

沖縄は雨や雷雨で、局地的に激しく降りそうです。大雨の恐れもありますので注意が必要です。九州から東海、北陸は良く晴れるでしょう。大気の状態も安定し、にわか雨もほとんどありません。空気も乾き洗濯日和が続く見込みです。関東甲信と東北南部は暖かく湿った空気の影響で、大気の状態が不安定になるでしょう。日差しも出ますが、雲が広がりやすく、所々で雨や雷雨がありそうです。東北北部と北海道は晴れる所が多いですが、太平洋側を中心に所々で雨や雷雨があるでしょう。関東以北の太平洋側は、変わりやすい天気になりますので、雨具を持つと良さそうです。

あすの日中の気温は全国的にやや上昇し、関東も暑さが戻ってくるでしょう。

あさって以降の週間天気

15日以降も、梅雨前線は日本の南海上に南下したままで、本州付近は高気圧に覆われるでしょう。晴れる所が多く、梅雨に入ったとは思えない状態が続く見込みです。17日から18日は、湿った空気の影響を受けるため、本州や九州で少し雲が広がりやすくなるものの、大きな天気の崩れはないでしょう。一方、沖縄はこの先も梅雨前線の活動が活発です。局地的に激しい雨が降り、大雨になる事もありますので注意して下さい。

関連記事(外部サイト)

tenki.jp

「梅雨」をもっと詳しく

「梅雨」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ