岩手・宮城内陸地震から10年=遺族ら冥福祈る

6月14日(木)13時32分 時事通信

 23人の死者・行方不明者を出した2008年の岩手・宮城内陸地震の発生から10年を迎えた14日午前、甚大な被害があった宮城県栗原市で追悼式が開かれた。遺族ら約300人が出席し、犠牲者の冥福を祈った。
 遺族代表で温泉旅館経営者の菅原昭夫さん(62)は「ひとときもあの日を忘れたことはない。10年たち、今年が本当の意味でのスタートだと思う。災害時の支えとなる地域、家族のつながりを大切にこれからも生きていきます」と、声を詰まらせながらあいさつした。村井嘉浩知事は「総合的な防災対策を推進することが、亡くなられた方々に報いる最善の道」と追悼の辞を述べた。
 同市では式に先立ち、地震発生時刻の午前8時43分に防災行政無線でサイレンが鳴らされ、市民らが黙とうをささげた。
 地震は2008年6月14日に発生し、栗原市や岩手県奥州市で最大震度6強を観測。土砂崩れや落石などにより17人が死亡し、6人が行方不明となった。通行止めとなっていた道路などの復旧事業はおおむね完了したが、大規模な崩落が起こった栗原市の一部地域では現在も立ち入り制限が続いている。(了)

[時事通信社]

時事通信

「宮城」をもっと詳しく

「宮城」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ