自民、参院選改革で14日中にも法案提出 各会派代表者懇で合意至らず

6月14日(木)12時13分 産経新聞

 参院各会派は14日午前、参院選挙制度改革を話し合う代表者懇談会を国会内で開き、自民党がまとめた参院定数を6増し、比例代表に拘束名簿式を一部導入する公職選挙法改正案について議論した。各会派は合意に至らず、自民党は同日中にも改正案を国会に提出する考えを伝えた。

 来年の参院選まで時間が限られる中、公明党は「苦肉の自民党案だ」と改正案に一定の理解を示した。国民民主党は改正案に同意せず、伊達忠一議長に議長斡旋案を提示するよう求め、立憲民主党や日本維新の会なども同調した。

 伊達氏は会期末が迫っているとして、自民党案に反対する会派は「対案」となる法案を速やかに国会提出するよう求め、協議を打ち切った。

 懇談会後、国民民主党の大塚耕平共同代表は伊達氏について、記者団に「私たちは建設的な提案をしたつもりだが、(協議を)打ち切ったことは議長として不適切な対応だ」と批判。伊達氏への不信任決議案提出について「これから議論する」と述べた。

産経新聞

「参院」をもっと詳しく

「参院」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ