野党が石井国交相不信任決議案提出 IR法案採決に反発、内閣委員長解任案は否決

6月14日(木)19時23分 産経新聞

石井啓一国交相=今年3月、国会・参院第1委員会室(斎藤良雄撮影)

写真を拡大

 立憲民主党など野党6党派は14日、カジノを含む統合型リゾート施設(IR)実施法案をめぐり石井啓一国土交通相の不信任決議案を衆院に提出した。理由として「国民の理解が全く進んでいないカジノ法案を強引に押し通そうとし、資質を疑わざるを得ない」と批判した。与党は15日の衆院本会議で不信任決議案を否決した後、同日の内閣委員会で法案を採決する方針だ。

産経新聞

「法案」をもっと詳しく

「法案」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ