BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

「いじめる側にまわらないといじめられる」 舛添「攻撃」に識者の違和感相次ぐ

J-CASTニュース6月15日(水)16時27分
画像:「舛添おろし」への「反動」か(写真は2014年8月撮影)
写真を拡大
「舛添おろし」への「反動」か(写真は2014年8月撮影)

政治資金の「公私混同疑惑」で辞職を決意した東京都の舛添要一知事。疑惑が報じられて以降、辞職を求める声はネット上で絶えず、都議会でも「辞職すべき」との声が多く上がっていた。

辞職はやむなし——。そう考える人が多いのかと思いきや、ここにきて識者を中心に「メディアリンチで吊るし上がりすぎ」「さすがに舛添さん叩きだけに終始しすぎ」と舛添知事に同情的な声が上がり始めた。そして、「矛先」は今回の疑惑を厳しく追及してきたマスコミ、都議会へと向けられつつある。



「セコいから辞めさせる」じゃ民主主義は成り立たない



舛添知事が辞任を表明した後、その判断に疑問の声を投げかける識者が現れ始めている。大阪大学の菊池誠教授(物理学)は2016年6月15日、「『都知事はセコいので辞めさせます』では民主主義は成り立たないと思う」と指摘。コラムニストの小田嶋隆さんは、マスコミ、議会、一般人が舛添知事追及に血道を上げた様子を「いじめる側にまわらないといじめられる小学校の教室みたい」と例えている。


コピーライターの糸井重里さんは、こんな皮肉の利いたツイートを投稿している。


「『みんなで石を投げれば、こんなことまでできるんだぞ』という物語が、みんな大好きなんだ。そして、投げて投げて追いつめて磔にして『ほらみろ』と言ってから、『なんでこんなことやってるんだっけ?』と気づき、忘れる(このくりかえし)」

一見しただけでは「みんな」とは、「石」とは、そして石を「誰に」投げたのか、まったく分からない。だが、タイミング的に舛添知事と舛添知事を批判する人々の構図だと捉えた人が多かったのか、「これはただのイジメにしか見えません」「『前の方がよかった』とか」という反応が寄せられている。



辞職報道後、マスコミと都議会への批判増える



ツイッターでも


「舛添の辞任は残念だ」

「辞任したって何か変わるの?」

といった声が相次いだ。J-CASTニュースが15日に公開した記事「舛添都知事、やっと『辞職の意向』 『粘ったなぁ』『リンチ』と反応様々」のコメント欄でも甘利明・元経済再生担当相の金銭授受疑惑と比較して「どっちが悪いのか?」という問題提起がなされている。


政治資金の「公私混同」疑惑をめぐるマスコミ、都議会の追及は「執拗」とも言えた。その「反動」が今になって起こっているのかもしれない。


鳴りを潜めた「舛添おろし」に代わって増え始めたのが、マスコミや都議会への批判だ。


投資家の山本一郎さんは15日、


「さすがにちょっとメディアリンチで吊るし上がりすぎじゃね?」

とツイート。津田大介さんも同日のツイッターで、「何人かのマスコミ関係者に『さすがに舛添さん叩きだけに終始しすぎじゃないですかね?』と疑問をぶつけてみた」と報告している。


元フジテレビアナウンサーの長谷川豊さんは同日、「教えて!goo」に掲載したコラムで都議会の怠慢を指摘している。


「逃がしてどうすんの?辞めさせてどうすんの? 百条委員会で徹底的に追求すべきところです。『都知事』の職に留まらせることで、追及し、疑惑を洗い出さなければいけないシーンのはずです」
Copyright(C) 2006-2016 株式会社ジェイ・キャスト

はてなブックマークに保存

J-CASTニュース
この記事のトピックス

最新トピックス

国内トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

関連ワード
舛添要一のまとめ写真 メディアリンチのまとめ・写真 ツイッターのまとめ写真 都知事のまとめ写真

「舛添要一」をもっと詳しく

注目ニュース
小1女児に体液をかけた疑い、小学校教諭逮捕 TBS6月25日(日)0時20分
小学1年生の女の子に自分の体液をかけたとして、神奈川県の小学校の教諭が警察に逮捕されました。[ 記事全文 ]
飼い犬助けようとして電車にはねられ准教授死亡 TBS6月25日(日)17時51分
25日午後、岐阜市で散歩をしていた大学准教授の52歳の男性が、踏切の中に入った自分の犬を連れ戻そうとして電車にはねられて死亡しました。[ 記事全文 ]
豊田氏を「あれ女性です」 麻生氏、講演で 共同通信 47NEWS6月25日(日)0時30分
麻生太郎副総理兼財務相は24日、新潟県新発田市で開かれた自民党麻生派議員の会合で講演し、秘書への暴行問題で離党届を提出した豊田真由子衆院議…[ 記事全文 ]
現職の川勝平太氏、溝口氏破り3選…静岡知事選 読売新聞6月25日(日)20時59分
静岡県知事選は25日、投開票が行われ、現職の川勝平太氏(68)(無所属)が、元静岡文化芸術大教授でバルセロナ五輪女子柔道の銀メダリスト、溝口紀子氏(45)(無所属)を破り、3選を果たした。川勝氏は民進党の支援を受け、富士山の世界文化遺産登録など2期8年の実績を強調し、幅広く支持を集めた。[ 記事全文 ]
小池氏勢力過半数うかがう 都民ファと自民第1党競る 共同通信 47NEWS6月25日(日)16時24分
国政への影響が注目される東京都議選(7月2日投開票、定数127)について、共同通信社は24、25の両日、都内の有権者約千人に電話世論調査を…[ 記事全文 ]
アクセスランキング

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア