京都で「沙羅の花」愛でる会 東林院、はかなく美しく

6月15日(金)10時21分 共同通信

「沙羅双樹」として知られるナツツバキの花が見頃を迎え、妙心寺塔頭の東林院で始まった「愛でる会」=15日午前、京都市

写真を拡大

平家物語ではかなさの象徴とうたわれた「沙羅双樹」として知られるナツツバキの花が見頃を迎え、妙心寺塔頭の東林院(京都市右京区)で15日、恒例の「愛でる会」が始まった。 朝に咲いた白い花が夜には落ちること...

共同通信

「平家物語」をもっと詳しく

「平家物語」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ