<04年女児殺害>瀬戸内海で凶器捜索 容疑者供述に基づき

6月15日(金)11時14分 毎日新聞

凶器を捜索する岡山県警の捜査員ら=兵庫県播磨町で2018年6月15日午前10時36分、本社ヘリから猪飼健史撮影

写真を拡大


 岡山県津山市で2004年9月、小学3年の筒塩侑子(つつしおゆきこ)さん(当時9歳)が殺害された事件で、岡山県警は15日、殺人容疑で逮捕した勝田州彦(くにひこ)容疑者(39)の供述に基づき、兵庫県播磨町沖の瀬戸内海で凶器とされる刃物の捜索を始めた。


 勝田容疑者は逮捕後、侑子さんを刃物で刺したことを認め、凶器については「海に捨てた」と供述。この日の捜索は、勝田容疑者が事件当時に住んでいた兵庫県加古川市の家から約6キロ離れた人工島の岸壁付近で行われた。岡山県警機動隊のダイバーら約20人が海中に潜るなどし、捜索に当たった。


 勝田容疑者は今月8日の勾留理由開示手続きで、侑子さんの殺害を否認。刃物で刺したという説明についても「死刑が怖くなり、認めれば死刑にならないと考えてうその供述をした」と翻し、捨てた場所は「適当に答えた」と述べた。【益川量平】

毎日新聞

「凶器」をもっと詳しく

「凶器」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ