【台風第6号に関する情報】平成30年6月15日10時50分 気象庁予報部発表

6月15日(金)10時50分 株式会社サニースポット

進路予報図

写真を拡大

平成30年 台風第6号に関する情報 第1号
平成30年6月15日10時50分 気象庁予報部発表

15日09時に台風第6号が発生しました。台風は16日にかけて沖縄・奄美に近づく見込みです。沖縄・奄美では、土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫、高波に警戒し、強風に注意してください。

[台風の現況と予想]
 15日9時、与那国島の西南西約340キロにおいて、熱帯低気圧が台風第6号になりました。台風はほとんど停滞しています。中心の気圧は992ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は18メートル、最大瞬間風速は25メートルです。
 また、現在、南西諸島には梅雨前線が停滞し、活動が活発となっています。
 台風は今後東北東に進み、15日夜にかけて先島諸島に、16日には沖縄本島地方や奄美地方に近づく見込みです。

[防災事項]
<大雨・雷・突風>
 台風第6号や前線の影響で、沖縄・奄美では大気の状態が非常に不安定となるでしょう。16日にかけて雷を伴った非常に激しい雨が降り、大雨による災害が発生するおそれがあります。

 16日12時までの24時間に予想される雨量は、
   沖縄地方      250ミリ
   奄美地方      150ミリ
 その後17日12時までの24時間に予想される雨量は、
   沖縄地方 50から100ミリ の見込みです。

 大雨による土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒してください。
 また、落雷や竜巻などの激しい突風に注意が必要です。発達した積乱雲の近づく兆しがある場合には、建物内に移動するなど安全確保に努めてください。

<強風・高波>
 沖縄・奄美では、16日にかけて海上を中心に強い風が吹き、海はうねりを伴いしけるでしょう。沖縄地方では、16日には大しけとなる見込みです。

 16日までに予想される最大風速(最大瞬間風速)は
  沖縄地方        18メートル(25メートル)
  奄美地方        16メートル(25メートル)
 16日までに予想される波の高さは
  沖縄地方              6メートル
  奄美地方              5メートル
です。
 うねりを伴った高波に警戒し、強風に注意してください。
  

株式会社サニースポット

「台風」をもっと詳しく

「台風」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ