ヨーロッパを活発な前線が通過中 ドイツやスイスで局地的に大雨

2024年6月15日(土)10時30分 ウェザーニュース

2024/06/15 10:38 ウェザーニュース

南北に伸びる活発な前線がヨーロッパを通過中です。ドイツやスイスを中心に雨の強まる可能性があり、洪水などの発生が警戒されています。

低気圧の周辺は西寄りの風が強い

発達した低気圧がイギリス付近をゆっくりと進んでいて、その東側に活発な前線が南北に伸びています。低気圧の上空5500m付近には−24℃以下の強い寒気が流れ込んでいる一方で、南からは暖かく湿った空気が流れ込み、前線の周辺では大気の状態が不安定です。
特にドイツ南部からスイス付近で雨雲の発達が予想され、現地時間の15日(土)の日中は局地的に強い雨が降るとみられます。各国の気象局は大雨による洪水などの発生のおそれがあるとして、警報や注意報を発表しています。
また、低気圧や前線の周辺では西寄りの風が強く、イギリス海峡や北海沿岸などは強風、高波にも注意が必要です。

ウェザーニュース

「ヨーロッパ」をもっと詳しく

「ヨーロッパ」のニュース

「ヨーロッパ」のニュース

トピックス

x
BIGLOBE
トップへ