今夜は名古屋や東京も雨に 明日は日本海側で雨 内陸部は天気急変も

2024年6月15日(土)16時0分 ウェザーニュース

2024/06/15 15:44 ウェザーニュース

梅雨前線上に低気圧が発生し、今夜は東海沖を進みます。名古屋市や東京都心を含む東海から関東で雨の降る所が多くなる見込みです。
明日16日(日)は北日本の日本海側で雨が降りやすく、東日本、西日本の内陸部でも天気急変の可能性があります。

紀伊半島南部や伊豆諸島などは強雨に注意

本州の南の海上に梅雨前線が伸びていて、前線上を低気圧が進んできます。低気圧の東進に伴って青空が広がっていた東海や関東では、午後になって雲が増えてきました。東海では沿岸の一部で弱い雨が降り出しています。
低気圧が近づく夜にかけては雨雲がさらにまとまって、雨の範囲が拡大する見込みです。夕方以降は名古屋市を含む東海の広い範囲で本降りの雨になり、紀伊半島南部や伊豆諸島などは雨の強まる可能性があります。
さらに夜になると関東南部でも雨が降り出し、東京都心などは遅い時間ほど傘が必要なくらいの雨になる見通しです。伊豆諸島や関東の沿岸部では明日16日(日)の未明にかけて強い雨に注意をしてください。

明日は低気圧や気圧の谷が通過

明日16日(日)は低気圧が近づく影響で、北海道の日本海側を中心に朝から雨が降りやすくなります。低気圧の動きが遅いため、午後も日本海側で雨の降りやすい状況が続き、東北や北陸に雨の範囲が拡大する見込みです。
また、低気圧の南に伸びる気圧の谷が通過するため、関東甲信から近畿では内陸部を中心に天気急変の可能性があります。
特に近畿では北部で発生した雨雲が次第に南下して、大阪市や京都市などの市街地でも雨が振りやすくなるため要注意です。お出かけになる時に晴れていても、折りたたみの傘など雨具をご用意ください。

ウェザーニュース

「雨」をもっと詳しく

「雨」のニュース

「雨」のニュース

トピックス

x
BIGLOBE
トップへ