目黒の虐待死受け関係閣僚会議、再発防止策検討

6月15日(金)12時47分 読売新聞

児童虐待防止対策に関する関係閣僚会議に臨む安倍首相(右から2人目)ら(15日午前、首相官邸で)=青山謙太郎撮影

写真を拡大

 政府は15日午前、首相官邸で、東京都目黒区で今年3月、虐待された船戸結愛ゆあちゃん(当時5歳)が死亡した事件を受けた関係閣僚会議を開き、抜本的な再発防止策の検討に入った。安倍首相は「子供たちの命を守ることを第一に、全ての行政機関があらゆる手段を尽くすよう、関係閣僚は緊急に対策を講じてほしい」と指示した。会議には加藤厚生労働相、小此木国家公安委員長らが出席した。政府は1か月程度で対策をまとめる方針だ。

 事件では、香川県の児童相談所(児相)が結愛ちゃんを2度にわたり一時保護していたが、転居先の東京都内の児相とは十分に情報共有されていなかったなどと指摘されている。菅官房長官は会議後の記者会見で、児相・自治体間の情報共有の徹底▽児相と警察など関係機関の連携強化▽地方交付税措置を含む児相の態勢強化——などに取り組む考えを明らかにした。

ヨミドクター 中学受験サポート 読売新聞購読ボタン 読売新聞

このトピックスにコメントする

「目黒虐待」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ