今夜の満月は年に一度の「ストロベリームーン」 別名は「恋を叶えてくれる月」

6月17日(月)11時4分 BIGLOBEニュース編集部

画像はイメージ

写真を拡大

「ストロベリームーン」とも呼ばれる年に一度の満月が17日、日本の夜空で見ることができる。


「ストロベリームーン」とは、ネイティブ・アメリカンによって名付けられたというアメリカ圏の6月の満月の呼び方。イチゴの収穫時期である6月に月が赤く染まることが多いことから、このように呼ばれるようになったという。実際にはイチゴのような色ではないが、例年の「ストロベリームーン」でも赤みや黄色がかった満月を見たという報告がSNSなどにあがっている。また、「ストロベリームーン」には好きな人と一緒に見るとその人と結ばれるという噂もあり、別名「恋を叶えてくれる月」とも呼ばれている。


さらに、この時期には月が木星と土星に接近。17日は満ちて明るくなった月が、二つの惑星のそばを通る姿を見ることができる。17日は西日本や東日本では広く晴れるため、観測のチャンスがあるとみられる。


BIGLOBEニュース編集部 BIGLOBEニュース編集部RSS

「ストロベリームーン」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「ストロベリームーン」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ