【台風第6号に関する情報】平成30年6月17日05時00分 気象庁予報部発表

6月17日(日)5時0分 株式会社サニースポット

進路予報図

写真を拡大

平成30年 台風第6号に関する情報 第19号
平成30年6月17日05時00分 気象庁予報部発表

台風第6号は沖縄地方や奄美地方から次第に遠ざかりますが、引き続き17日は強風に注意し、18日にかけてうねりを伴った高波に注意してください。

[台風の現況と予想]
 台風第6号は、17日3時には南大東島の北東約250キロにあって、1時間におよそ30キロの速さで東へ進んでいます。中心の気圧は992ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は20メートル、最大瞬間風速は30メートルです。
 台風は北東に進み、沖縄地方や奄美地方から次第に遠ざかり、17日朝には温帯低気圧に変わる見込みです。18日は、台風から変わった温帯低気圧が西日本から東日本の太平洋側の沿岸に近づくでしょう。

[防災事項]
<大雨・雷・突風>
 台風を取り巻く発達した雨雲は沖縄本島地方や奄美地方から遠ざかり、激しい雨の降るおそれはなくなり、大雨警報は解除されました。
 18日は、台風から変わった温帯低気圧の接近により、西日本から東日本の太平洋側を中心に、雷を伴って激しい雨が降り、局地的に1時間50ミリ以上の非常に激しい雨が降って大雨となる所がある見込みです。

 大雨による土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水に注意してください。

<強風・高波>
 沖縄地方や奄美地方の強風や高波の峠は超えましたが、18日にかけて、南西諸島から東日本の太平洋側の広い範囲で、風が強まり海はうねりを伴いしける所がある見込みです。

 強風や、うねりを伴った高波に注意してください。
  

株式会社サニースポット

「台風」をもっと詳しく

「台風」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ