関東は午前中から蒸し暑い 30℃届かなくても熱中症に注意を

2024年6月17日(月)10時15分 ウェザーニュース

2024/06/17 10:09 ウェザーニュース

今日17日(月)の関東は午前中から気温が高くなっています。この後は雲が増えて極端な気温の上昇はないものの、湿度が高いため熱中症への注意が必要です。

都内の8割の人が蒸し暑さを感じる

今日は梅雨前線の北上に伴って西日本を中心に雲が多くなっています。関東は雲が多めながらも日差しが届いていて、午前中から気温が上昇。早くも30℃前後まで上がってきました。
10時00分の気温は東京都心で昨日の同じ時刻より5.6℃高い29.7℃、群馬県桐生市は4.0℃高い30.5℃を観測しています。雲が多めの関東南部は湿度が高く東京都心は58%。かなりの蒸し暑さで、ウェザーニュースアプリ利用者からの体感報告では、東京都内の方の約8割が「ムシっと暑い」と回答しているほどです。
午後にかけてはさらに雲が厚みを増すため、極端な気温の上昇はありません。最高気温は東京都心で30℃、千葉市で29℃など関東南部は30℃前後の予想となっています。
ただ、湿度が高い分だけ、このくらいの気温でも熱中症のリスクは高めです。屋外での活動する場合は適切に水分補給や塩分補給が欠かせません。室内でも適度にエアコンを使用し、温度や湿度の調整を行ってください。

ウェザーニュース

「関東」をもっと詳しく

「関東」のニュース

「関東」のニュース

トピックス

x
BIGLOBE
トップへ