「さすがにガッカリ」ダンマリの今井絵理子議、かつてのSPEEDファンから失望の声

2024年6月18日(火)6時30分 週刊女性PRIME

今井絵理子議員(2022年)

写真を拡大



 元SPEEDのメンバーで、現在は自民党の参議院議員を務める今井絵理子議員。3月28日から体調不良を理由に国会を欠席していたが、5月7日にようやく公務に復帰した。復帰時には、自身のXとInstagramで《初心にかえり職責を全うしてまいります》と決意を語っていたが、世間からは厳しい声が続出。

かつてのファン離れも加速か



《SPEEDのファンだったけど、さすがにガッカリ。今井さんを応援しようとは思えない》

《フランスの件はどうなったんですか?いつまでだんまり続ける気?》

《能力がないですってハッキリ言ってくれた方がまだ納得できる。フランスの件報告するっていう話はどこにいったの?》

 と、特に“フランス研修外遊”について問いただす声が少なくない。

「今井議員がここまで叩かれているのは、2023年の自民党女性局メンバーのフランス研修が発端でしょう。《まるで観光旅行だ》と批判が相次いだこの外遊問題で、女性局長の松川るい参院議員は党女性局長を辞任しています。一方で、今井議員はSNSで《外交も人間関係の構築から始まります》など反論。《また追って活動報告します》とも語っていたのですが、その後“報告”はありませんでした」(スポーツ紙記者)



議員事務所に問い合わせも“だんまり”



 2023年10月には、『週刊女性PRIME』が議員事務所に問い合わせるも《報告書は既に取りまとめております》《組織内の研修会ということ、および内部資料という観点から公表する予定はありません》と回答。今年3月にはXとInstagramのアカウントを削除し、国会も欠席するなど完全に“だんまり”モードに突入していた。

「5月7日までに新しいXとInstagramアカウントを開設した今井議員ですが、Instagramの更新は今のところ初回の“復帰報告”のみ。

 Xでは《今日は政治改革特別委員会と決算委員会が開会》などこまめに公務について報告しているのですが、研修問題についてはひとことも触れられていません」(前出・スポーツ紙記者)

 沖縄生まれだけあり、今井議員のXでは沖縄に関する活動・投稿も多く見られる。頑張っていることも確かなようだが、やはりフランス研修についての報告がないと、国民からは認められないだろう。

 2017年7月には、『週刊新潮』に当時の神戸市議・橋本健氏との不倫疑惑が報じられるなど、これまでも“お騒がせ議員”として扱われてきた今井議員。果たしてこの評価を覆すことはできるのだろうか。

週刊女性PRIME

「SPEED」をもっと詳しく

「SPEED」のニュース

「SPEED」のニュース

トピックス

x
BIGLOBE
トップへ