週間天気 九州から関東で梅雨本番

6月20日(火)12時0分 tenki.jp

あす(21日)は、九州から東北の広い範囲で雨が降り、関東以西の太平洋側を中心に大雨の恐れがあります。九州や四国は局地的に猛烈な雨が降るでしょう。大雨による災害に注意が必要です。

週間天気

週間天気

あすの天気

あす(21日水曜日)は、梅雨前線が本州の南に延び、低気圧が本州を東へ進むでしょう。前線に向かって暖かな空気が流れ込むため、前線付近は大気の状態が不安定になる見込みです。九州から東北の広い範囲で雨が降り、九州や四国、中国は朝まで、近畿は昼前にかけて、激しい雨に警戒が必要です。局地的には猛烈な雨が降る恐れもあります。東海や関東甲信も昼過ぎから、所々で激しく降る見込みです。大雨による土砂災害や低い土地の浸水、川の増水などに注意して下さい。一方、北海道は日中は晴れて、一段と暑くなるでしょう。ただ、朝晩は雲が多く、夜は雨の降る所がある見込みです。

あさって以降の週間天気

梅雨前線は沖縄から離れ、いよいよ九州や四国、本州付近でも本領を発揮しそうです。あさって22日(木曜日)は、低気圧が三陸沖にぬけるでしょう。西から天気は回復します。東海から北海道は雨の残る所がありますが、次第に日差しが戻ってくる見込みです。23日(金曜日)は、梅雨前線が九州付近に停滞するでしょう。はじめは晴れている所も次第に曇ってきて、四国や九州は雨が降りだす見込みです。24日(土曜日)は雲に覆われ、九州や四国、中国地方は雨が続くでしょう。25日(日曜日)と26日(月曜日)は、九州から関東や北陸にかけての広い範囲で雨が降る見込みです。梅雨のない北海道は24日(土曜日)以降は晴れ間の広がる日が多いでしょう。一方、沖縄は、23日(金曜日)以降は晴れ間の出る日が多くなる見込みです。梅雨明けが近いかもしれません。

関連記事(外部サイト)

tenki.jp

この記事が気に入ったらいいね!しよう

雨をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ