激しい雨が長引く 関東は木曜明け方まで

6月20日(水)18時56分 tenki.jp

九州南部から関東は20日(水)の帰宅時も雨脚の強まる所があり、局地的には非常に激しく降るおそれがあります。関東では21日(木)の明け方まで激しい雨に注意が必要です。

激しい雨が長引く 関東は木曜明け方まで

水曜は太平洋側を中心に大雨に

20日(水)、活発な梅雨前線が停滞し、九州や四国から関東は断続的に強い雨が降りました。所々で土砂降りの雨となり、局地的には1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨を観測しました。24時間雨量は400ミリを超えた所があるなど、太平洋側を中心に大雨となりました。20日(水)午後5時現在は九州南部や四国、近畿南部に発達した雨雲がかかっています。

九州南部は木曜に再び滝のような雨

九州南部では、21日(木)にかけても前線が停滞し、発達した雨雲がかかりやすいでしょう。いったん雨の弱まる所も、21日(木)夕方にかけて再び非常に激しい雨が降るおそれがあります。

20日(水)夜から21日(木)にかけては梅雨前線上の低気圧が本州南岸を東へ進むため、発達した雨雲も次第に東へ移動します。四国の雨は、20日(水)の夜は弱まる所が多い見込みです。ただ、これまでの大雨により地盤の緩んでいる所がありますので、崖などの急な斜面にはむやみに近づかないようにしてください。

近畿や東海は帰宅時、関東は木曜明け方まで注意

近畿では20日(水)夜も非常に激しい雨の降る所があるでしょう。21日(木)の明け方までは雨の残る所があるため、引き続き土砂災害に警戒してください。東海や関東は20日(水)の昼過ぎに雨の弱まった所が多くなりましたが、夜には再び雨脚が強まりそうです。東海は21日(木)の未明にかけて、三重県や静岡県を中心に非常に激しい雨の降る所があるでしょう。関東は21日(木)の明け方まで局地的な激しい雨に注意が必要です。

tenki.jp

「九州」をもっと詳しく

「九州」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ