地震速報

9月19日17時18分頃、最大震度4の地震がありました

震度4 岐阜県飛騨 震度3 長野県中部

週明け以降は梅雨前線が北上 次の梅雨空は大雨につながる可能性も

6月20日(日)17時30分 ウェザーニュース

2021/06/20 17:23 ウェザーニュース

週明けの明日21日(月)以降、梅雨前線は少しずつ北上する予想です。ただ、どこまで北上するかの動きの予想が難しくなっています。

太平洋高気圧と気圧の谷が鍵

梅雨前線の動きの鍵を握っているのは、日本の南東海上に勢力を広げる「太平洋高気圧」と朝鮮半島付近の「上空の気圧の谷」です。
太平洋高気圧は少しずつ強まっているものの、気圧の谷の存在によって西へ勢力を拡大しにくくなっています。このため、梅雨前線は関東付近など東側で北上し、西日本からは離れた所に停滞する予想です。
また、高気圧の勢力や気圧の谷は動きの予想が難しく、少しの変化で梅雨前線の位置が大きく変わってきます。日毎に予測が変化する可能性が高く、週明け以降の梅雨前線の動向はこまめに確認するようにしてください。

次の梅雨空は大雨につながる可能性も

関東以西の10日間予報

20日時点でのウェザーニュースの予想では、24日(木)頃までは太平洋高気圧と気圧の谷の影響が拮抗して前線は南の海上に停滞。25日(金)以降は高気圧の勢力が増すことで、前線が北上すると見ています。
東京や名古屋は梅雨空に戻るのが早く、西日本は本格的な雨になるのが次の週末以降の予報です。
太平洋高気圧が勢力を強めるということは、雨雲のもとになる暖かく湿った空気が流れ込みやすくなることでもあります。次にやってくる梅雨空は大雨につながる可能性がありますので、早めの警戒が必要です。

ウェザーニュース

「梅雨」をもっと詳しく

「梅雨」のニュース

「梅雨」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ