西・東日本 26日にかけて 大雨の所も 土砂災害に厳重警戒

6月25日(木)17時31分 tenki.jp

西・東日本は、大気の状態が「非常に不安定」になっています。26日金曜にかけて雷を伴って「激しい雨」が降り、大雨になる所も。特に、九州北部では、25日夜遅く〜26日朝は、1時間に50ミリ以上〜80ミリ未満の「非常に激しい雨」の降る恐れがあり、土砂災害に厳重な警戒が必要です。

西・東日本 26日にかけて 大雨の所も 土砂災害に厳重警戒

25日木曜 50年に一度の大雨も

25日木曜は、梅雨前線上の低気圧が、日本海へ進みました。この低気圧や前線に向かって、大雨のもとになる「暖かく湿った空気」が流れ込んでいる影響で、西日本と東日本では、大気の状態が「非常に不安定」になっています。
このため、九州北部には、活発な雨雲が次々に流れこみ、長崎県では、25日明け方〜朝は、「記録的短時間大雨情報」が3回も発表され、五島市、新上五島町では50年に一度の大雨になった所もありました。

26日金曜にかけて 土砂災害に 厳重警戒

この大気の「非常に不安定」な状態は、26日金曜にかけても続き、西日本や東日本では、26日金曜にかけて、雷を伴って「激しい雨」が降り、大雨となる所もあるでしょう。
特に、九州北部では、これまでの大雨で、すでに地盤が緩んでいるのに加え、25日夜遅く〜26日朝は「非常に激しい雨」が降る恐れがあります。「非常に激しい雨」とは、雨が滝のようにゴーゴーと降り続き、傘が全く役に立たず、車の運転は危険なレベルです。
26日18時までに予想される雨量は、いずれも多い所で、九州北部地方で150ミリ、中国地方と北陸地方で100ミリとなっています。土砂災害に厳重に警戒するとともに、低い土地の浸水、川の増水・氾濫に、警戒してください。

ポイント「雨の強まるのが 暗い時間の所も」

今回は、雨の強まる時間が、暗い時間と重なる所もあるのがポイントです。暗い中で大雨になった場合、外に出ることさえ、かえって危険という場合もあります。そんな時は、家の中の上の階や、斜面から離れた部屋に留まるなど、少しでも安全な所へ移動してください。

tenki.jp

「大雨」をもっと詳しく

「大雨」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ