「リストカット痕」デザイン腕輪は「不謹慎」 非難殺到、販売中止に

6月26日(金)14時51分 J-CASTニュース

リストカットは「ファッション」じゃない?(画像はイメージ)

写真を拡大

   リストカットの痕をデザインした腕輪(バングル)、「リスカバングル」をめぐり、ネット上で「不謹慎」「リスカは遊びじゃない」などと非難が巻き起こった。

   企画制作販売を手がけたアクセサリーショップは2015年6月25日、ブログやツイッターに釈明文を掲載したものの、騒動は収まらず、26日にはついに販売中止を発表した。


腕に巻くと、リストカットをしたかのように見える


   「リスカバングル」は、イラストレーター・江崎びす子さんが描く女性キャラクター「メンヘラチャン」と、東京・下北沢や高円寺などに店舗を構えるアクセサリーショップ「Conpeitou.」のコラボレーション商品として14年10月から発売されていた。


   メンヘラチャンは、左腕にリストカット(自傷行為)痕を持つセーラー服姿の女性だ。ネガティブな要素を含みながらも、ピンクを基調としたファッションに身を包むというギャップが女子中高生などに受け、「病みかわいい」と人気を集めた。メンヘラチャンがリストカットで変身し、敵と戦うというストーリーのマンガ作品も生まれた。


   その他、LINEスタンプ、アパレルショップとのコラボレーショングッズなど、さまざまな商品で使われている。


   リスカバングルは、そんなメンヘラチャン人気に目を付けたConpeitou.のデザイナー、mSTさんが企画立案。江崎さんに素材提供を依頼し、自主制作した。すでに商品ページは削除されたものの、同店通販ページなどで1800円で販売されていた。


   デザインは、なかなかショッキングだ。キャラクターが所々にあしらわれた透明なバングルの中央に、切り傷や噴き出す血をモチーフにした赤い模様が描かれている。腕に巻くと、まるでリストカットをしたかのように見える。


   若い女性の間では広まっていたらしく、ファッション雑誌で活躍する読者モデル・椎名ひかりさん(20)も6月3日のブログで愛用していると明かした。mSTさんのブログによると、一時完売したという。


   しかし、6月24日、同店公式ツイッターアカウントがリスカバングルの再入荷を告知すると、「不謹慎だ」「リスカはアクセサリーじゃない」「リスカは遊びじゃない」「ファッションで誰かが傷つくのは、嫌だ」など批判の声がツイッターで上がった。


   ついには「リスカバングル販売停止」というハッシュタグも作られ、多くのユーザーがツイートを寄せた。


「結構かわいかった。残念です」の声も


   その一方、「結構かわいかった。残念です」という声や、販売停止を求めるユーザーの一部がリストカット後の生々しい写真を投稿している点に触れ、「リスカなんてファッションで上等」「どっちもどっち」と見る向きもある。双方に分かれ、ツイッター上で賛否両論の議論となっている。


   こうした流れをうけ、同店は6月25日、リスカバングルの販売経緯やデザインについてツイッターで説明した。


   切り傷は本物でなく特殊メイクで作った絵で、リストカットを誘発しようとする意図はなく「キャラクターになりきり、共に戦う気分になることで少しでも気持ちを強く持てる方がいるのではないかと考えた」としている。しかし結局、26日には販売中止を発表。


   mSTさんは26日のブログで、「この企画立案をした私自身も通院を11年間続けている当事者です」と明かしつつも、「リストカットがファッションの様に扱われると大勢心外に思われている方々がいらっしゃるのは事実であり、認識が甘かったと痛感致しました。『傷をリアルに表現しすぎた』事も大きく原因として取り上げられました」と謝罪した。

J-CASTニュース

「リストカット」をもっと詳しく

「リストカット」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ