緊急トレードにみる原監督の「本気度」 それでも「補強第3弾」がささやかれるワケ

6月26日(水)17時45分 J-CASTニュース

日ハムにトレードされた宇佐見真吾捕手

写真を拡大

プロ野球の巨人と日ハムで2対2のトレードが成立した。2019年6月26日、両球団が発表した。巨人の吉川光夫投手(31)、宇佐見真吾捕手(26)と、日ハムの藤岡貴裕投手(29)、鍵谷陽平投手(28)がトレードされ、吉川は3年ぶりの古巣復帰となる。

巨人はリーグ首位に立つものの、不安のある中継ぎの強化が急務となっており、今回のトレードで中継ぎを補強した形だ。



デラロサに続く中継ぎの補強




交流戦を終え、リーグ戦再開を前にして巨人が緊急トレードを行った。吉川、宇佐見と交換で獲得したのは、中継ぎ要員の藤岡と鍵谷。中継ぎの補強が課題だった巨人と、捕手と投手の補強を目指していた日ハムの思惑が合致したことで、今回の1投手1捕手に対する2投手のトレードが成立したとみられる。



今回のトレードは補強第2弾となる。巨人は中継ぎの補強としてダイヤモンドバックス3Aのルビー・デラロサ投手(30)を獲得。6月22日にデラロサと合意に至ったことを発表した。今回はこれに続く中継ぎの補強となり、5年ぶりの優勝に向ける原辰徳監督(60)の「本気度」がうかがえる。



エース菅野智之投手(29)の不振により、先発陣のコマ不足にあえぐ巨人だが、その一方で開幕から続く中継ぎ陣の不安定さは相変わらず。6月21日のソフトバンク戦では、森福允彦投手(32)が満塁弾を浴び、この日マウンドに上がった宮国椋丞投手(27)、ライアン・クック投手(31)らも失点を記録。22日には3人そろって出場選手登録を抹消され2軍降格となった。



「今の巨人で余裕があるのはキャッチャー陣...」



右の宮国と左の森福、そしてクックの2軍落ち。デラロサの獲得と右の鍵谷、左の藤岡の獲得は、補強というよりも降格した3人の補填のようなものだろう。3投手の加入は確かに心強いものになるかもしれないが、補強という点においてはまだ完全ではないだろう。在京球団の関係者は巨人の投手補強に関して「その次があるかもしれません」と指摘した上で次のように続けた。



「今回、3人の投手を獲得しましたが、デラロサに関しては肘のこともあり力は未知数です。藤岡、鍵谷についても絶対的セットアッパーとは言えません。優勝するためにはもう一つ上のクラスの投手が必要になってくる。次にトレードがあるとすれば、ワンランク上の選手のトレードになるでしょう。今の巨人で余裕があるのはキャッチャー陣。炭谷、小林、大城がいて、宇佐見が抜けても若手の岸田がいます。オリックスのようにキャッチャーをほしがっているチームはある。条件さえ合えば可能性は十分あるでしょう」



リーグ首位の巨人は、交流戦最下位に終わった広島が調子を上げてくる前に首位固めに入りたいところ。トレード締め切りまであと約1か月。原巨人の補強第3弾はあるのか。6月29日のヤクルト戦からリーグ戦が再開される。

J-CASTニュース

「巨人」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「巨人」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ